7/15(日) 開催■中山間地域フォーラムシンポジウムに協力隊OBが出演! ふるさと
2018.06.12

(特定)中山間地域フォーラムの設立12周年記念シンポジウムに、緑のふるさと協力隊OBが出演します!

シンポジウムのテーマは、「農山村の"教育力"―ひとと地域はどう変わるのか?―」。

人口は減少しながらも、「地域づくりはひとづくり」を掲げ、長きにわたりひとりひとりの存在を輝かせる地域づくりが目指されてきた中山間地域。
中山間地域をフィールドとして15年を超える実践者3名の報告から、ひとと地域が育ち合うプロセスや秘訣を学びます。

そして、その後のパネルディスカッション「農山村の教育力とは何か?」では、都市から農山村に向かった若者の一人として、協力隊OBの佐竹祐次郎さん(21期・高知県越知町派遣、現在は高知市在住)が登場。緑のふるさと協力隊を経て、いま佐竹さんが取り組んでいることなどについて話す予定です。

未来志向の「ひとづくり」「地域づくり」を考えてみませんか。ぜひご参加ください!

【日時】 2018年7月15日(日) 13時00分~17時30分 
【会場】 東京大学弥生講堂一条ホール
    (東京都文京区弥生1-1-1、地下鉄南北線「東大前」駅から徒歩1分)

【プログラム】 
■ 挨 拶  会長 生源寺 眞一氏 (福島大学)

■ 解 題  解題 「農山村の教育力」を読み解く! 副会長 小田切 徳美氏 (明治大学)

■ 実践報告  「農山村の教育力」を探る!
・辻 英之氏(NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター 代表)
・吉野 奈保子氏(NPO法人 共存の森ネットワーク 事務局長)
・江藤 理一郎氏 (一般財団法人 学びやの里 事務局長)

■ ミニトーク(企画委員、及び報告者3名)
・報告者自身の人生の転機となった出来事や影響を受けた人物。
・報告者と参加者に集まってもらい、ロビーで参加型トークセッション。

■ パネルディスカッション
 コーディネーター 図司 直也氏(法政大学)
 コメンテーター  金井 久美子氏(元 地球緑化センター)
          佐竹 祐次郎氏(特定非営利活動法人 土佐山アカデミー)
 上記、実践報告者3名も加わり、会場からの質疑を受けながら行います。

【主催】 特定非営利活動法人 中山間地域フォーラム

☆参加申し込み方法についてはこちらから

何でも相談窓口