1. 緑の親善大使とは?

今や経済大国となった中国も、地方には緑の減少によって厳しい生活を強いられている人々がたくさんいます。
緑の親善大使は、このような地域の行政や住民とともに緑化活動を続けるプログラムです。
日本にいては得られない、体験、出会い、そして刺激があります。あなたも海外ボランティアデビュー!!

ページの先頭へ

2. どこで何をするの?

現在は、内蒙古自治区伊金霍洛(エジンホロ)旗、長江上流の重慶市江津区、北京北方の河北省豊寧満族自治県の3か所で植林をしています。5~7日間程度の日程で、植林活動や砂漠教室を通じて現地住民との交流を重ね、国際交流と環境活動への理解を深めます。

内モンゴル・ エジンホロ旗 重慶・江津市 河北省豊寧県

(1)内モンゴル自治区
エジンホロ旗
北京から北西におよそ800キロ、黄河中流域で砂漠化防止のための植林に取り組んでいます。(事業開始1993年、植林面積861ha)
(2)重慶市江津区
中国の大河・長江を守る植林活動です。頻発する洪水の原因である土壌流失防止のため、人と自然が共生する生態林を目指しています。(事業開始1999年、植林面積1404ha)
(3)河北省豊寧満族自治県
北京の北180キロ、黄砂発生の最前線の地で、中国首都圏を守る「緑のダムづくり」に取り組んでいます。(事業開始2001年、植林面積3524ha)

プログラム例 (河北省豊寧県5泊6日の場合 ※時期、状況によって変わります。)

日程 午前 午後  
1日目 空港集合、出国手続き 北京着 北京 泊
2日目 北京から豊寧県へ移動 さばく教室(過去の植林地の見学) 豊寧県 泊
3日目 植林活動(穴掘り、苗運び、植林など) 植林活動
※昼食は地元の農家でいただきます。
豊寧県 泊
4日目 植林活動(穴掘り、苗運び、植林など) 植林活動
※昼食は地元の農家でいただきます。
地元の方とのお別れ会
豊寧県 泊
5日目 豊寧県から北京へ移動 万里の長城見学 / 北京市街地見学 夕食会 北京 泊
6日目 空港へ移動、出国手続き 成田着、解散  

ページの先頭へ

3.参加までの流れ・資料請求

お問い合わせ 資料請求、プログラム案内と 申込書が届きます。申込書記入・送付(申込書を記入しFAXか郵送にてお送りください。地球緑化センター会員に登録し入会金・年会費の納入をします。)出発1ヵ月前(旅行会社から保険や参加費納入についての案内が届くので、それに従って手続きをします。)出発2週間前(現地の様子について事前学習会を行います。当日を待って、出発!)

お問い合わせ・資料請求

まずは下記までお問い合わせ・資料請求をしてください。

  • メールフォームでのお問い合わせ何でも相談窓口
  • 電話・FAXでのお問い合わせTEL: 03-3241-6450 / FAX: 03-3241-7629

ページの先頭へ

4. 活動スケジュール・レポート

学生からご年配の方まで幅広い方が参加しています。
もちろん、海外旅行やボランティア活動が初めての方も、安心して参加できます。

活動先 日程(平成27年度) 申込書
第23回 長江・緑の親善大使 4/11(土)~16(木) pdf
第29回 豊寧・緑の親善大使 8/27(木)~9/1(火) pdf
第24回 長江・緑の親善大使 順延。*日程は決まり次第、お知らせします。

平成26年度 活動の様子

活動先 日程(平成26年度) レポート
第28回 豊寧・緑の親善大使 10/16(木)~21(火) 活動レポート

ページの先頭へ

5. 招聘プログラム

日本から市民ボランティアが行くだけではなく、招聘プログラムとして、現地のカウンターパートや学生に日本に来てもらい、日本を体験することにも力を入れています。日本の文化や自然に触れたり、セミナーを開催したりしながら日中の相互理解を深めます。

ページの先頭へ


何でも相談窓口